マウスピース矯正

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、プラスチック製のマウスピースを使用する矯正治療です。ほぼ透明なため、装着時は目立ちにくく、「矯正装置が見えて、見た目が気になる」というお悩みを解決してくれます。また、非常に薄く作られており、装着時の違和感を軽減し、長時間の使用でもストレスを感じにくくなっています。さらに、金属不使用のため、金属アレルギーの患者様も治療可能です。

当院ではiGOシステムを採用。適用症例が限られるケースもありますが、治療期間や通院回数を減らしながら、美しい歯並びを手に入れたい患者様にお薦めの治療法です。

iGOシステムのメリット

目立ちにくい

マウスピースは透明に近い色合いをしています。装着時でも装置が目立たず、周囲に矯正治療を知られる心配も、ほとんどありません。

心地良い装着感

マウスピースは非常に薄く、その厚さは約0.5mm。患者様の歯の大きさや形に合わせられており、お口にしっかりとフィットします。装着時の違和感も少なくなり、長時間の装着でもストレスを感じにくくなっています。

金属アレルギーの患者様も安心

マウスピースはプラスチック製です。金属を一切使用していません。
アレルギーをお持ちの患者様でも、安心して矯正治療に取り組めます。

取り外しが自由

マウスピースは、ご自身で簡単に取り外しができます。歯ブラシが装置に当たって、歯磨きがしにくいという心配もありません。正しいセルフケアを実践できれば、治療期間中も口腔内を清潔に保てることでしょう。

痛みが少ない

定期的に形の異なるマウスピースに交換します。歯を少しずつ動かしていくので、痛みが比較的少ない治療法です。

iGOシステムのデメリット

装着時間を守らなければならない

自分で矯正装置を取り外すことができますが、装着時間を守らないと、治療期間が長引き、満足できる結果が得られない恐れがあります。当院が定めている装着時間は、1日あたり20時間以上です。

適応症例が限られる

重度の叢生や咬み合わせ自体に問題がある場合は、治療が難しいケースもあります。

マウスピースのメインテナンスが必要

マウスピースの内側は汚れが付きやすい箇所です。きちんと洗浄をおこなわなければ、衛生面が問題となります。メインテナンス方法もアドバイスいたしますので、ご安心ください。

他の矯正治療との違い

iGOシステムは、このような患者様にお薦めの治療法です。

iGOシステムは部分的な矯正に対応しています。「前歯のすきっ歯が気になる」「気になるところだけ治したい」など、細かいご要望にも対応できることが魅力です。また、非常に薄く透明なマウスピースにより、装着時に目立つこともほとんどありません。「自然な見た目で矯正治療に取り組みたい」という患者様にはお薦めです。さらに、歯科医院に通う頻度は1か月に1度程度です。治療の経過やお口トラブルが無いかをチェックし、適切な治療をご提供します。お仕事や、家事・育児で忙しくても、ご自身のライフスタイルに合わせて、無理なく治療に取り組めます。

治療の流れ

STEP01・・・カウンセリング/適応検査

まずは、カウンセリングをおこないます。お口で悩んでいることやご要望など、私たちに何でもご相談ください。その後、治療に興味がある場合は、iGOシステムが適応可能かどうかを判断するために口腔内を撮影します。もし、適応が難しい症例の場合は、別の治療法のご提案も可能ですので、ご安心ください。

STEP02・・・型取り/治療計画の作成

治療可能だと判断できた場合、お口を撮影し歯型を採取します。その後、専用の3Dソフトウェアでシミュレーションをおこないます。
治療開始から終了まで、どのように歯が移動するのかを画像や動画でご説明。患者様のライフスタイルに合わせて、無理のないオーダーメイドの治療計画を作成いたします。

STEP03・・・治療開始

作成した患者様のデータをアライン社に送信後、患者様のお口に合わせたマウスピースが製作されます。完成したものが届きましたら、治療開始です。使用上の注意点や、付け外しのトレーニングもサポートいたしますので、ご安心ください。

STEP04・・・経過観察/治療完了

治療期間中は定期的に来院していただき、歯の移動状況や虫歯などのお口トラブルが無いかなどをチェックします。歯並びが予定通りに整ったのを確認したら、後戻りを防ぐためにリテーナー(保定装置)を装着していただきます。歯の位置を固定させて、治療は終了です。